お知らせ

当院のコロナウィルス対策について

都内でのコロナウィルス感染拡大が認められる情勢を踏まえ、4月5日現在での当院の対策方針を打ち出させていただきます。

1・完全予約制 : 診察時間を明確にし、可能な限り患者様同士のバッティングを避けるべく配慮させていただきます。また、急病傷の患者様に関しては随時受け入れ可としていますが、場合によって動物のみを先にお預かりし、飼い主様にはお車の中あるいはお外などでお待ちいただくこともあることをご了承ください。

2・待機場所の限定 : 待合室で患者様同士のお時間が重なってしまった場合には、外でお待ちいただくこともございます。

3・飼い主様のご体調の報告 : 飼い主様が発熱、倦怠感、咳などの症状を程していられる場合にはスタッフまで事前にお知らせください。安全対策の一環として、入り口での動物達のみのお預かりなど個別の対応を取らせていただきます。

4・常備薬の長期処方 : 心臓病などの持病の内服薬を飲まれている方は必要な日数分の処方を行います。また郵送での対応も承っております。

5・スタッフのマスク着用義務化 : スタッフの安全確保のためご了承ください。

6・院内消毒、換気の実施 : 診察毎に都度、ドアノブなどを次亜塩素系消毒薬にて消毒させていただきます。

今後、緊急事態宣言発令などがあった場合、獣医師会の方より対応についてのガイドライン等が出た場合など随時、変更し対応していきます。 アメリカなどでも動物病院は閉めない職種の一つとなっていますが、同時に、中で働くスタッフが健康であることが原則となります。

今後の状況によっては診療時間の短縮や変更なども視野に入れつつ、可能な限り動物達の健康を平時と同じように保つべく職務を全うしていきたいと考えています。

↑